配当推移

このページを印刷する

当社は、株主に対する利益還元を経営の重点課題として位置付けておりますが、財務体質強化、将来の生産設備の拡充に備えつつ、継続的安定配当を目的とし、内部留保にも留意してまいります。

グラフ:配当金推移

単位:円

一株当たり配当金
中間 期末
2017年3月期(第50期) (予想)12 (予想)18
2016年3月期(第49期) 7 20
2015年3月期(第48期) 5 10
2014年3月期(第47期) 0 10
2013年3月期(第46期) 0 8

ページの先頭へ戻る