アボロン圧入工法

このページのお問い合わせ先 このページを印刷する

写真:アボロン工法での施工 写真:アボロン工法での施工(拡大)

アタッチメントを替えることにより、アボロン圧入工法が施工可能になります。

アボロン圧入工法とはリーダーの下部に油圧式の圧入機を装着し、H鋼を直接圧入する工法です。

特長

  • 直接圧入する為、残土が発生しません。
  • セメントミルクを使用しない為、コスト削減に繋がります。
  • H鋼の内フランジをチャッキングする為、敷地境界との離隔が少ない寸法で打設可能です。
  • 圧入工法の為、振動・騒音が発生しません。

仕様

近隣物との離れ(使用ジャッキ HR-270)

画像:近隣物との離れ(HR-270)
画像:近隣物との離れの拡大(HR-270)

施工手順

画像:施工手順(1.リーダーセット・H鋼セット 2.ストローク・チャッキング 3.圧入・チャッキング解除 2から3を繰り返し)

アボロン工法一覧へ戻る

取り扱い事業所をご覧になりたい方

事業所一覧

カタログが必要な方

製品カタログダウンロード

ページの先頭へ戻る