FP工法

このページのお問い合わせ先 このページを印刷する

写真:FP工法での施工1 写真:FP工法での施工2

FP工法とは、バックホータイプのベースマシンにリーダーを装着した杭打機を使用する工法です。リーダー内部のチェーン駆動によってアタッチメントを上下させて、H型鋼及び鋼矢板等を無振動・無騒音状態で圧入・引抜の施工を行います。また、オーガー機構を併用する事もできます。

特長

  • 低騒音、低振動で施工可能です。
  • 土質の適合範囲が広いです。
  • 鋼矢板ならびにH形鋼も施工可能です。

仕様

  削孔径 打設長(m) 離れ(mm) 搬入方法
単独圧入 データなし 12.0 チャッキング部から350 低床TR
先行削孔 Φ280~500 11.5 削孔芯から350 低床TR
同時削孔 Φ340 10.0 削孔芯から650 低床TR

近隣物との離れ

単独圧入の場合

画像:近隣物との離れ(単独圧入)

同時圧入の場合

画像:近隣物との離れ(同時圧入)

単独圧入

画像:近隣物との離れ(単独圧入:鋼矢板) 画像:近隣物との離れ(単独圧入:H鋼)

オーガー先行圧入

画像:近隣物との離れ(オーガー先行圧入:鋼矢板) 画像:近隣物との離れ(オーガー先行圧入:H鋼)

同時圧入

近隣物との離れ(同時圧入:鋼矢板)

※鋼矢板は3型
H鋼は H-300×300とする。

ページの先頭へ戻る

施工手順(単独圧入)

画像:施工手順(単独圧入)(1.鋼材吊り込み 2.チャッキング 3.圧入)

※オーガー併用時も同様です。

オーガー併用圧入工法一覧へ戻る

取り扱い事業所をご覧になりたい方

事業所一覧

カタログが必要な方

製品カタログダウンロード

ページの先頭へ戻る