HAS工法

このページのお問い合わせ先 このページを印刷する

HAS工法とは、オーガーの削孔機構と鋼矢板の貫入機構を併せもち削孔と同時あるいは削孔後に油圧機構をを用いて鋼矢板を押し込む工法です。

写真:HAS工法での施工

特長

  • 低騒音、低振動で施工可能です。
  • 土質の適合範囲が広いです。

仕様

機種名 打設長(m) 離れ(mm) 搬入方法
パイルマン1820 16.0 SP芯から600 低床TR
M50B 15.0 SP芯から600 低床TR

近隣物との離れ

※本体ベース DH-408、ケーシング径 Φ280の場合、鋼矢板芯より600mm程度必要

ページの先頭へ戻る

施工手順

画像:施工手順(1.鋼材吊り込み 2.リーダーセット 3.削孔 4.引上げ)

オーガー併用圧入工法一覧へ戻る

取り扱い事業所をご覧になりたい方

事業所一覧

カタログが必要な方

製品カタログダウンロード

ページの先頭へ戻る