モンロー工法

このページのお問い合わせ先 このページを印刷する

写真:モンロー工法での施工1 写真:モンロー工法での施工2 ソイルセメント柱列壁モンロー工法とは、三点式ソイル杭打機では施工不可能な限られた狭いスペースでソイルセメント柱列壁の造成を可能とした工法です。

特長

  • 従来では不可能であった都市部の狭い敷地、作業地盤が複雑な場所での施工が可能です。
  • 最小施工可能スペースは、間口 9.0m、奥行き 11.0mでソイルセメント柱列壁が造成できます。
  • 敷地の中に入る大型重機は、ベースマシン1台で施工可能です。
  • 資機材の搬出入は、全て4t車ベースで可能です。
  • 傾斜地・敷地内に段差(1.5m程度)がある場所でも施工可能です。
  • モンローロック工法で、硬質地盤及び既存躯体を破砕することが可能です。

ページの先頭へ戻る

仕様

主なモンロー杭打機仕様
ベースマシン 施工範囲 運送方法
50tラフタークレーン ソイル連続壁施工及びモンローロック 自走式
35tラフタークレーン ソイル連続壁施工及びモンローロック 自走式
25tラフタークレーン ソイル連続壁施工 自走式

近隣物との離れ

本体機ベース 25tラフタークレーン

画像:近接寸法図(本体機ベース 25tラフタークレーン)

25tラフタークレーン(Φ350)

H-175×175
画像:近接寸法図(H-175×175[隣地建物との距離])
H-200×200
画像:近接寸法図(H-200×200[隣地建物との距離])
H-250×125
画像:近接寸法図(H-250×125[隣地建物との距離])
H-300×150
画像:近接寸法図(H-300×150[隣地建物との距離])
H-294×200
画像:近接寸法図(H-294×200[隣地建物との距離])
H-250×250
画像:近接寸法図(H-250×250[隣地建物との距離])
H-175×175
画像:近接寸法図(H-175×175[隣地境界線との距離])
H-200×200
画像:近接寸法図(H-200×200[隣地境界線との距離])
H-250×125
画像:近接寸法図(H-250×125[隣地境界線との距離])
H-300×150
画像:近接寸法図(H-300×150[隣地境界線との距離])
H-294×200
画像:近接寸法図(H-294×200[隣地境界線との距離])
H-250×250
画像:近接寸法図(H-250×250[隣地境界線との距離])

ページの先頭へ戻る

本体機ベース 50tラフタークレーン

画像:近接寸法図(本体機ベース 50tラフタークレーン)

50tラフタークレーン(Φ400)

H-250×250
画像:近接寸法図(H-250×250[隣地建物との距離])
H-250×125
画像:近接寸法図(H-250×125[隣地建物との距離])
H-300×150
画像:近接寸法図(H-300×150[隣地建物との距離])
H-294×200
画像:近接寸法図(H-294×200[隣地建物との距離])
H-350×175
画像:近接寸法図(H-350×175[隣地建物との距離])
H-250×250
画像:近接寸法図(H-250×250[隣地境界線との距離])
H-250×125
画像:近接寸法図(H-250×125[隣地境界線との距離])
H-300×150
画像:近接寸法図(H-300×150[隣地境界線との距離])
H-294×200
画像:近接寸法図(H-294×200[隣地境界線との距離])
H-350×175
画像:近接寸法図(H-350×175[隣地境界線との距離])

ページの先頭へ戻る

施工手順

画像:施工手順(1.本体機セット 2.削孔・ミルク注入・攪拌 3.スクリュー引上げ 4.H鋼建て込み)

ソイル柱列式連続壁工法一覧へ戻る

取り扱い事業所をご覧になりたい方

事業所一覧

カタログが必要な方

製品カタログダウンロード

ページの先頭へ戻る