LHV工法

このページのお問い合わせ先 このページを印刷する

LHV工法とは、バックホーのアームの先端に取り付けられた油圧駆動のバイブロにより鋼矢板やH型鋼を打設する工法です。

アタッチメントの交換により、オーガー削孔も可能です。

写真:油圧駆動のバイブロ

特長

  • 揚程がない場所や狭い場所での施工が可能です。
  • 組立・解体の手間が不要です。
  • 従来のバイブロと異なり、クレーン、発電機は不要です。

仕様

主な杭打機仕様と施工範囲
ベースマシン(種類) 機種名 打設可能最高杭長 運送方法
0.3m³(キャタピラー) LHV025~04 約4.0mまで 低床トレーラー
0.4m³(タイヤ) LHV025~04 約6.5mまで 自走
0.4m³(キャタピラー) LHV025~07 約6.5mまで 低床トレーラー
0.5m³(キャタピラー) LHV025~07 約7.0mまで 低床トレーラー
0.7m³(タイヤ) LHV025~07 約8.5mまで 自走
0.8m³(キャタピラー) LHV025~09 約9.0mまで 低床トレーラー

※オーガー削孔の場合
削孔径:Φ300~600

近隣物との離れ(使用機械 LHV07、本体ベース0.7m³級タイヤ式バックホー)

画像:近隣物との離れ(側面図)
画像:近隣物との離れ(施工クリア 700mm以上) 画像:近隣物との離れ(施工クリア 400mm以上)

※H鋼はH-350x350とし、施工クリアは杭芯より700mm以上

※鋼矢板は3型とし、施工クリアは鋼矢板外面より400mm以上

ページの先頭へ戻る

施工手順

施工手順(単独圧入)

画像:施工手順(単独圧入)(1.チャッキング 2.鋼材吊り込み 3.圧入)

施工手順(引抜)

画像:施工手順(引抜)(1.引抜 2.完了)

バイブロ工法一覧へ戻る

取り扱い事業所をご覧になりたい方

事業所一覧

カタログが必要な方

製品カタログダウンロード

ページの先頭へ戻る