多滑車引抜工法

このページのお問い合わせ先 このページを印刷する

写真:多滑車引抜工法での施工1 写真:多滑車引抜工法での施工2

多滑車引抜工法とは、アタッチメントに多滑車をセットし、クレーンのウィンチワイヤーロープを多滑車で能力増大させ、反力を利用してH鋼、鋼矢板を引抜く工法です。

特長

  • 無振動、無騒音工法により周辺建物、躯体に影響を与えないで引き抜く事が可能です。
  • 作業範囲を広くとれます。(TR-250Mに装着最大13m)
  • 位置決めが容易な回転式で、壁ぎわ最大250mmまで作業できます。
  • 最大150tまで許容できる強力チャッキング(引抜力も最大150t)で、開放は自動的にでき作業効率が高い。

仕様

ベースマシン

  • 16tラフタータイプ
  • 25tラフタータイプ

アボロン NV-08A

型式 アボロン NV-08
全高 格納時 5.945m、伸長時 9.71m
全幅 1.15m
奥行 0.86m
本体重量 2.9t
引抜容量 144t
腰切長さ 7.0m
リーダ長さ 5.945-9.71
引抜速度 最大引抜時/1.83m/秒 最高速度/6.86m/秒
リーダ回転範囲 360°(実作業使用範囲90°)
リーダ 箱形2段伸縮回転方式
使用ワイヤーロープ 6*29(IWRC) C種
動力 ベースマシンウィンチドラムのワイヤーロープを使用
適用引抜杭材 鋼矢板(Ⅰ-Ⅳ型)、H形鋼(250H以上)

寸法図

画像:寸法図

施工手順

画像:施工手順
  1. 杭にチェックをセットする。
  2. レバーを返しチャッキングする。
  3. いったん巻上げてチャックの歯を完全に噛みます。
  4. レバーを返す。
  5. 巻き上げ、杭を無振動で引き抜く。
  6. 腰切り終了後ワイヤーを巻下げると自動的に杭が外れます。
  7. 次に抜く杭へセットする。

杭引抜工事一覧へ戻る

取り扱い事業所をご覧になりたい方

事業所一覧

カタログが必要な方

製品カタログダウンロード

ページの先頭へ戻る