バイブロ工法

このページのお問い合わせ先 このページを印刷する

写真:バイブロハンマー 写真:バイブロ工法での施工

バイブロ工法とは、バイブロハンマーをクレーンで吊下げ、振動力を鋼矢板やH型鋼に加え周辺摩擦力・先端支持力を低減させて地中に慣入させる工法です。

特長

  • 振動系杭打抜機で、鋼矢板、H鋼の打ち込み、引き抜きが施工できます。
  • 地盤が固い際に用いる、ジェット併用でのバイブロ施工も可能です。
  • 組立・解体の手間が不要です。

ページの先頭へ戻る

仕様

近隣物との離れ

画像:近隣物との離れ(鋼矢板)画像:近隣物との離れ(H鋼)

施工クリア
使用バイブロ:VM2-4000EⅡ(モーター出力60KW)

  • 鋼矢板の場合:鋼矢板外面より900mm以上
  • H鋼の場合:H鋼芯より700mm以上

バイブロから200m以上のクリアが必要(機種によりサイズが異なります)

ページの先頭へ戻る

施工手順

施工手順(打設)

画像:施工手順(打設)(1.鋼材吊り込み 2.チャッキング 3.バイブロ始動・打設開始 4.バイブロ停止・チャッキング解除)

施工手順(引抜)

画像:施工手順(引抜)(1.チャッキング 2.引抜 3.完了)

杭引抜工事一覧へ戻る

取り扱い事業所をご覧になりたい方

事業所一覧

カタログが必要な方

製品カタログダウンロード

ページの先頭へ戻る