障害撤去工事

このページのお問い合わせ先 このページを印刷する

近年、都市部で山留を計画する場合、更地から計画が始まるケースは非常に少なくなりました。既に建築物のある敷地で、既存躯体を解体し新たに新築の建築物を作るケースが増えています。
既存躯体は、地下なし基礎のみの建築物もあれば、10m以深の地下に20m以深の本杭をもつ建築物もあります。ここで、新築の建築物を構築するための山留が既存の地下構造物に干渉するケースが発生します。
当社では、現場ごとに異なる施工条件を踏まえ、安全性と経済性を満たす最良の方法をお客様に提供いたします。

施工情報一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る