仮ライン

このページのお問い合わせ先 このページを印刷する

簡単に、貼ってはがせる仮ライン
刻々と変化する交通環境。道路工事では、安全を最優先しながらも、迅速な作業と完了と交通規制の解除が求められます。
(スコッチレーン)RVシリーズは、路面切り下げや路面施工後の養生期間に使用する、仮ライン(区画線)用の路面標示材です。施工は貼るだけ、撤去もはがすだけと簡単。作業スペースの安全確保に大きな力となります。

写真:仮ラインによる施工後の様子

特長

  • 夜間の視認性にすぐれています
    状面のガラスビーズがヘッドライトの光などを反射して明るく輝き(再帰性反射)、夜間の視認性に大変すぐれています。
    覆工板上の仮ラインとしても最適です。
  • 簡単に施工できます
    裏面のライナーをはがし、路面に貼って転圧するだけで、きれいに仕上がります。
  • 撤去に手間取りません
    不織布による強度補強でちぎれにくく、必要なときは簡単にはがすことができます。
  • 施行後、交通規制を直ちに解除できます
    道路工事の安全確保に欠かせない区画線が迅速に設置でき、作業スペースの安全性が確保できます。

仕様

アルミホイルを基材にしたテープ状の貼り付け式路面標示材です。
表面にはガラスビーズを塗布。裏面は再剥離しやすいよう不織布で強度補強し、接着剤をライナー紙で保護しています。

スコッチレーンRVシリーズ
RV0001(白)150mm×45.7m
RV0010(黄)150mm×45.7m

※室温で保管し、湿気を嫌うため屋外に放置しないでください。

プライマー
P-48 1リットル缶 (1ロール施工可能)

※プライマーは密閉して保管してください。

写真:仮ライン

注意事項

施工方法と使用上の注意

  1. 路面(覆工板)が、水・油・オイル等で濡れていないことを確認します。
  2. 貼る前に路面(覆工板)とよく清掃しておきます。
    十分清掃できないときや、溶着標示面、ペイント標示面、アスファルトやコンクリートの上に貼るときは、プライマーを使用してください。
  3. 貼り付け場所にチョーク等で罫書きし、位置決めします。
  4. 貼り付け後よく転圧します。
    とくにテープの端の部分は、水分の浸入防止のため、ていねいに行ってください。
    (転圧はローラー、ゴムハンマーか車のタイヤで行います。)
  5. 路面温度は7度以上が適しています。
    極端に低い場合は、バーナーで加熱後貼り付けてください。
  6. 複数の覆工板にわたって施工した場合は、継ぎ目にあたる部分で、カッターなどと使い、テープを切断しておいてください。
  7. 短期間用途の仮設用路面標示材として設計されています。
    長時間のご使用は避けてください。

※RVシリーズは2ロール単位、プライマーは4缶単位でご注文ください。

覆工板一覧へ戻る

取り扱い事業所をご覧になりたい方

事業所一覧

カタログが必要な方

製品カタログダウンロード

ページの先頭へ戻る