ニューキリンジャッキ

このページのお問い合わせ先 このページを印刷する

簡易性と経済性に富んだニューキリンジャッキ

本体に油圧ジャッキを挿入することで長さ調整と簡易的なプレロードの導入を可能にしました。
切梁解体時には挿入ジャッキまたは解体ジャッキを使用することで安全、容易に切梁軸力を除荷します。

また支保工等のレベル出し、アンダーピニング工事など幅広く採用されています。

写真:ニューキリンジャッキ

仕様

項目 型式 KH-300 KH-350 KH-400
H形鋼適用寸法 300H 350H 400H
本体の許容耐力 150t(1,470kN) 250t(2,450kN) 300t(2,940kN)
ストローク 155mm 155mm 155mm
最小寸法 740mm 755mm 800mm
重量 190kg 250 405kg
最大出力 挿入ジャッキ使用時 120t(1,180kN) 120t(1,180kN) 120t(1,180kN)
解体ジャッキ使用時 200t(1,960kN) 200t(1,960kN) 200t(1,960kN)

※取付穴ピッチ(上記図以外の場合には補助ピースが必要です)100t=約981kN

構成

写真:ニューキリンジャッキ 1台、挿入ジャッキ 1台、小型電動オイルポンプ 1台 写真:ニューキリンジャッキ 1台、挿入ジャッキ 1台、小型電動オイルポンプ 1台

寸法図

画像:寸法図

鋼製山留一覧へ戻る

取り扱い事業所をご覧になりたい方

事業所一覧

カタログが必要な方

製品カタログダウンロード

ページの先頭へ戻る