矩形ライナープレート

このページのお問い合わせ先 このページを印刷する

推進工法用立坑は、市街地の人家の密集した地域で狭い道路や空地に設けられることが多く、このような条件下では精進の特長を充分に発揮できるライナープレート立坑が最適です。
推進工法用立坑には、一般には小判形の立坑が多く使用されてきました。しかし、用地上の制約や作業空間の必要性、推進管の合流部、およびマンホール等の名部構造物の形状により、矩形立坑が使用される場合もあります。

特長

  • 支保工(縦梁、腹起し、切梁)が不要で作業空間を大きくできる。
  • 既設管と新規推進管等の合流部で多方向より合流できる。
  • マンホール等内部構造物の形状によっては土留壁を外型枠の代用として構造物を築造できる。

寸法図

画像:寸法図

ライナープレート製品一覧へ戻る

取り扱い事業所をご覧になりたい方

事業所一覧

カタログが必要な方

製品カタログダウンロード

ページの先頭へ戻る