ロックオーガー工法(三点式杭打機タイプ・アボロンタイプ)

このページのお問い合わせ先 このページを印刷する

三点式杭打機・アボロンをベースマシンとして、二軸同軸式のアースオーガーにより、スクリューとケーシングを逆転させながら掘削を行います。ケーシングの高い剛性力により、精度の高い掘削と孔壁の崩壊を防止する事ができる工法です。礫層地盤及び岩盤等を掘削でき、その他地中障害撤去(既存地下躯体等)の破砕を行い、新設の山留杭の打設を可能とします。

三点式杭打機タイプ

写真:三点式杭打機タイプでの施工1写真:三点式杭打機タイプでの施工2写真:三点式杭打機タイプでの施工3写真:三点式杭打機タイプでの施工4

アボロンタイプ

写真:アボロンタイプでの施工1写真:アボロンタイプでの施工2

アボロンタイプ(コンポジット)

写真:アボロンタイプ(コンポジット)での施工1写真:アボロンタイプ(コンポジット)での施工2

特長

  • ケーシングの先端に取り付けた超鋼ビットにより既存地下躯体や鉄筋を切削しながら、ケーシング内部のオーガーヘッド・スクリューでコンクリート塊等を破砕しながら掘削します。
  • 掘削に伴い貧配合のセメント系懸濁液の注入を行うため周辺地盤への影響がなく、隣接建物ならびに敷地境界との離隔が比較的少ない寸法での施工が可能です。
  • アボロンタイプでは先端にコンポジットを取り付けたケーシングで、コア抜きを行うことも可能です。

ページの先頭へ戻る

仕様

主な杭打機仕様と施工範囲
ベースマシン 削孔径 運送方法
三点式 DH658-135M 850~1,000mm 低床トレーラー
三点式 DH608-120M 850~1,000mm 低床トレーラー
アボロン 50tラフタークレーン 600~700mm 自走式
アボロン クローラー式 600~700mm 低床トレーラー
アボロン
(コンポジット)
25tラフタークレーン 600~700mm 自走式

近隣物との離れ

三点式杭打機

画像:ロック径Φ1000タイプ 近接寸法図

本体ベース:DH-658-135M
使用減速機:SMD-150
ロック径:Φ1000
の場合、施工クリアはリーダーの揺れ等を考慮し、削孔芯より1,050mm程度必要。

アボロンタイプ

画像:ロック径Φ600タイプ 近接寸法図

本体ベース:50tラフタークレーン
使用減速機:ASD-7000N-W
ロック径:Φ600
の場合、施工クリアはリーダーの揺れ等を考慮し、削孔芯より1,000mm程度必要。

ページの先頭へ戻る

施工手順

三点式杭打機

画像:施工手順(1.リーダーセット 2.削孔 3.引上げ)

アボロンタイプ

画像:施工手順(1.リーダーセット 2.削孔 3.引上げ)

障害撤去工事一覧へ戻る

取り扱い事業所をご覧になりたい方

事業所一覧

カタログが必要な方

製品カタログダウンロード

ページの先頭へ戻る