基本方針

ジェコスグループ行動憲章に基づき、社会の人々、社員個々の人権を尊重し、差別の廃絶と働きやすい職場環境を確保いたします。

人権の尊重

セクシャルハラスメント、パワーハラスメントなどのトラブルを未然に防止するために、人権啓発研修やコンプライアンスガイドブックの読み合わせなどのさまざまな意識啓発活動を行っています。従業員がハラスメントについて安心して相談できるよう、メールや電話による相談窓口を開設し、ハラスメントの防止に取り組んでおります。

仕事と育児・介護の両立

当社では、従業員が仕事と育児・介護の両立を図り、いきいきと働くことのできる環境づくりを目的として、働き方をサポートする制度を導入しています。
また、外部機関による介護セミナーを開催するなど仕事と介護の 両立支援を行っております。

2018年12月に、大阪市より「女性が活躍し続けられる組織づくり」「仕事と生活の両立支援」「男性の育児や家事、地域活動への参画支援」について積極的に推進する企業として、女性活躍リーディングカンパニーの認証を受けました。また、2021年12月に同認証を更新しております。

人材確保

中長期的な観点から必要となる能力を持った人材を確保するよう努めております。人員増のニーズに対応するべく新卒採用だけでなく、キャリア採用も積極的に行っています。

人材育成

従業員一人ひとりの能力向上を目指し、各職場での OJT による育成に加え、階層、職務ごとに必要とされる知識・スキル等の体系的な取得を支援するために様々な選抜、階層別研修 および資格の取得奨励を実施しております 。

また、部店長、グループ長を対象とした海外研修、2018 年度からは、海外ビジネスを担う人材の計画的育成を目的として若手人材を対象とした海外拠点での「海外トレーニー制度」を採用しております。

研修体制

入社後から一貫した研修体制があります。

高齢者の活用

技術伝承・後継者育成を着実に行うために、当社は、定年後も原則として希望者全員を65歳まで再雇用する「再雇用制度」を実施しており、2019年度からは、再雇用の適用年齢を最長 70歳まで延長しております。
また、定年後の生活設計について考える機会を作ってもらうために、43歳、55歳に達する従業員を対象に年金セミナーを実施しています。

ワークライフバランス

「21時消灯」、毎週水曜日の「ノー残業デー」を全社的な取り組みとして実施し、労働時間の適正化とメリハリのある職場環境づくりを進めています。
また、指定年休、年休取得奨励日を設け、年休取得増進に努めております。

コミュニケーション活性化

毎年、ジェコス社員会主催の「社員会イベント」を実施し、社員間のコミュニケーションを図っております 。創立50周年にあたる2018 年度は、ジェコス運動会を開催しました。