全旋回オールケーシング工法(CD工法)

全旋回オールケーシング工法は、据置式の全旋回掘削機によりケーシングチューブを強力な高トルクで回転、圧入しながら、ハンマグラブ等でケーシングチューブ内の土砂や障害物を排土撤去する工法です。
ケーシング先端のカッティングエッジに超硬チップを取り付けたカッタービットを装着し、全旋回掘削機にて回転させながらケーシングを圧入して鉄筋コンクリート等の地中障害物を破砕・切削しながらハンマーグラブにより除去し、その後ケーシング掘削孔内を良質土等で埋め戻します。

仕様

1500型 2000型 2000型H 2200型 3000型
形式 RT-150 RT-200A RT-200H HCR2200 SRD-3000H
最大トルク 115ton・m 221ton・m 301ton・m 311ton・m 370ton・m
削孔径(φ) 800~1,500mm 1,000~2,000mm 1,000~2,000mm 1,000~2,200mm 2,000~3,000mm
押込力 57.0ton 70.0ton 86.0ton 100.0ton 120.0ton
引抜力 197.0ton 265.0ton 352.0ton 360.0ton 394.0ton
重量 26.0ton 30.0ton 34.1ton 43.0ton 60.0ton
高さ(H) 3.025m 3.086m 3.107m 3.760m 3.808m
幅(W) 2.850m 3.142m 3.190m 3.190m 4.600m
長さ(L) 3.736m 4.129m 4.180m 5.080mn 5.150m
隣接物との離隔(L1) 1,200mm 1,450mm 1,600mm 1,800mm 2,500mm
合番機 65t以上 80t以上 80t以上 90t以上 100t以上