Ecoラム®工法

「Ecoラム®工法」は、座屈性能の高いコラム(角型鋼管)切梁を使用するシステムで、中間杭を減らし、杭の打設工事、切梁の架設解体工事を省力化する工法です

国土交通省NETIS に登録KT-140078 -VR

リース品

品種 □-35 □-40
コラム切梁 主材 7.0,8.0,9.0m
(STKR490)
176(kg/m) 245(kg/m)
コラム切梁 部材 1.0,2.0m
(STKR490)
253(kg/m) 392(kg/m)
特殊調整材 0.4m 115.0(kg/個) 167.0(kg/個)
ジャッキボックス 154.6(kg/個) 190.0(kg/個)

その他、山留主部材を組み合わせて計画されます

特徴

工期短縮

部材の接合方法も簡略化、間詰コンクリートの硬化待ちや撤去作業も不要です

作業効率向上

作業空間が広がり、掘削や躯体工事の能率が向上します

品質向上

鉄筋補強、止水処理、中間杭撤去が不要となり、躯体の品質が向上します

経済性向上

中間杭の材料・打設工事が無くなり経済性が向上します

安全性向上

作業時間短縮、杭打設重機作業の削減で安全性も向上します

適用現場

1方向切梁計画

中間杭の打設・撤去工事の工期、コストが大きい現場

現場比較

従来工法(H鋼切梁)

Ecoラム®工法(コラム切梁)

H-50N用高強度山留材

通常の山留材SS400の約1.5倍の強度で、断面形状や継手形状は従来品と同じです
取扱いしやすく、作業空間が広がります